阿波おどり衣装でマスク製作

 徳島市の阿波おどり用品専門店「岡忠」が、踊りの衣装の裏地や下着に用いる木綿を使ったマスクを製作、販売している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け8月の阿波おどりが中止となり衣装の注文が減る中、岡本慎治社長(55)は「実用的なものを作り人のためになりたい」と話す。

 踊り子の汗をしっかり吸う「さらし木綿」を用い、肌触りが柔らかいのが特徴。布を3枚重ねてフィルター効果を高め、息苦しくない立体構造に仕立てた。4月中旬に販売を始めるとSNSで情報が拡散され、現在は予約待ちの状態だ。

 S、M、Lの3サイズあり、洗って繰り返し使える。価格は2枚1セットで990円。

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR