自民沖縄、辺野古移設容認を明記

 自民党沖縄県連が、沖縄県議選(6月7日投開票)で掲げる公約案が1日、判明した。争点の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について「容認する」と明記した。政府と交渉し、基地負担を大幅に軽減するとも強調した。近く県連が正式決定する。

 辺野古容認の明確化について県連幹部は「既に工事は進んでおり、言及は避けられない」と説明した。ただ、昨年の衆院沖縄3区補欠選挙で、容認を打ち出した党公認候補が落選している。県連内には、幅広い支持が得られなくなるとの懸念もある。

 公約案では玉城デニー知事の県政運営を批判。沖縄振興一括交付金を過去最高の水準に復活させると主張した。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR