悪縁・悪運流す「縁切りトイレ」

共同通信

 悪縁を絶ち、良縁を結ぶトイレがSNSで話題を呼び、人気を集めている。群馬県太田市の縁切寺満徳寺資料館にある「縁切・縁結厠」。担当者は「便器だけに、悪縁だけでなく悪運も流してほしい」と語る。

 同館によると、徳川家康の孫の千姫が、豊臣秀頼との離縁のために入寺したことなどから、江戸幕府公認の縁切り寺となった。

 江戸時代の離婚制度では、夫側からの離縁状が必要。当時女性の地位は低く、妻から夫に離縁を求めるのは困難だった。縁切り寺は、妻側からの離婚を成立させるだけでなく、女性が身を寄せる避難所としての役割もあった。

 同館は新型コロナの影響で6月1日まで休館予定。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ