残雪の山並み映す水鏡 北アルプス(長野県安曇野市) 

 長野県中部・安曇野市では、田植え前の田んぼが水鏡となり、残雪の北アルプスを逆さまに映し出している。今年は観光客の姿はなく、代かきをするトラクターの音が響く。耳を澄ますと雪解け水が流れる川のせせらぎや、天高く飛ぶヒバリのさえずりが聞こえた。

 農作業中の望月澄夫さん(57)によると、行き交う車も少なく「まるで数十年前の静かな安曇野に戻ったよう」。例年は東京都内で働く長女が田植えを手伝ってくれるが、今年は帰省を自粛。望月さんは「こちらにいる家族で頑張ろうと思う」と話した。一帯の田では4月下旬から徐々に水が引かれた。稲が育つまで水鏡ができる。

 県や山岳団体は連休中の登山自粛を呼び掛けている。散歩中の男性(73)は「遠くには出掛けられないが、この景色があれば十分」と水に揺らめく山並みを見つめた。 (信濃毎日新聞=小西由紀)

 ※現地に出かけるのは感染終息後にしましょう。

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR