宣言延長、小池氏「致し方ない」

 東京都の小池百合子知事は4日夜、政府の緊急事態宣言の期間延長について、都内で多くの感染者が出続ける現状を基に「致し方ない。終息に向けてもうひと頑張りしないといけない」と述べ、引き続き感染拡大防止への協力を求めた。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は都の休業要請や休校などに関する対応を5日に発表する方針。事業者への支援に関しては「さまざまな工夫をして、事業の継続性を考えながら新型コロナとの闘いを皆さんと共に進めていきたい」と述べるにとどめた。

 都内では4日も新たに87人の感染が確認され、累計は4654人に上り、死者も計150人に達している。

PR

PR