首相会見、外交理由に終了

共同通信

 安倍晋三首相は、新型コロナウイルスに関する4日の記者会見を、外交日程を理由に約1時間で終了した。複数の記者が挙手して続行を求めたが、司会の長谷川栄一首相補佐官兼内閣広報官が文書での質問に回答するとして引き取った。同席した手話通訳者は感染防止のため、顔を覆う透明のフェースシールドを着用した。新型コロナに関する首相会見では初めて。

 首相は会見後、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と電話会談した。17日の会見時もトルコのエルドアン大統領との電話会談を控えているとして約1時間で終えており、外交日程を理由に打ち切るケースが目立っている。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ