NY株反発、26ドル高

共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前週末比26・07ドル高の2万3749・76ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスに伴い経済活動が停滞する中でも、業績が堅調な大手IT企業の株価が上昇し、相場を押し上げた。

 マイクロソフトアップルが買われた。米原油先物相場が続伸し、石油株のエクソンモービルも高かった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は105・77ポイント高の8710・72となった。

 この日はダウ平均は下げ幅が一時、360ドルを超える場面もあった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ