米加州、小売店8日から営業可能

共同通信

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のニューソム知事は4日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い3月中旬から続く外出禁止措置を週内に一部緩和すると発表した。書籍や衣料品、スポーツ用品などの販売店は8日以降、店頭で商品を受け渡す形での営業が可能となる。米国最大の人口4千万人を抱える同州の経済活動再開に向け、一つの節目となる。

 州当局は、入院患者や集中治療室(ICU)で処置を受ける感染者の数が横ばいとなり、安定して推移していると指摘。ニューソム氏は「(営業再開は)とても前向きなサインだ。その理由はただ一つ、データが示しているからだ」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ