政府、3密回避の工夫例示

 政府は5日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えつつ、社会経済活動を再開するのに必要となる主な感染予防策を示した。施設の種類ごとに、密閉、密集、密接の「3密」を避けるための工夫を助言し、早期の正常化を目指す。

 感染が抑制されている34県では施設の使用制限を一部緩和する。映画館や劇場は入場人数を制限し、座席の間隔を取るなどの対策を講じれば営業再開できる。イベント開催も、参加者を最大50人程度に絞り大声での歌唱や声援を伴わなければ可能。ライブハウスやカラオケ、スポーツジムは感染リスクが高いとして引き続き慎重な対応を求めた。

PR

PR