大阪、コロナで3人死亡

 大阪府は7日、新型コロナウイルスに感染して入院していた3人が死亡し、新たに8人の感染を確認したと発表した。府内の死者は59人、感染者の総数は1706人となった。また、いったん療養を終えた1人が検査で再び陽性になった。症状はあるが軽い。

 府によると、死亡した3人は60~80代の男性で、基礎疾患があった。感染が確認された8人のうち、1人は集団感染が発生した済生会泉尾病院の医療従事者。再陽性の1人は大阪市の80代男性で、4月19日の感染判明後、28日に陰性が確認されていた。

 感染疑いの人に対するPCR検査は352件、陽性の割合は2・3%。経路不明は3人だった。

関連記事

PR

PR