強い冬型、日本海側大雪 交通の混乱に注意を

雪が降りしきる中、札幌市時計台の前を歩く人たち=28日午前、札幌市中央区 拡大

雪が降りしきる中、札幌市時計台の前を歩く人たち=28日午前、札幌市中央区

 千島近海で発達中の低気圧の影響で日本付近は強い冬型の気圧配置となり、気象庁は28日、日本海側や山沿いを中心に大雪になる所があるとして、暴風や猛吹雪による交通の混乱などに注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、29日にかけて上空に強い寒気が流れ込み、西日本の平地でも雪となる所がある。北日本の日本海側を中心に高波にも警戒が必要だ。

 29日午前6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北陸70センチ、東北と近畿60センチ、北海道と東海、関東甲信50センチ、中国30センチ、山口県を含む九州北部20センチ。

PR

PR

注目のテーマ