バスケ、功労賞に引退の折茂

共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で途中終了となったバスケットボール男子Bリーグの表彰式が8日、オンラインで実施され、功労賞に今シーズン限りで現役を引退した49歳の折茂武彦(北海道)が選ばれた。

 折茂は北海道で選手と運営会社社長を兼ね、2019年に日本出身選手で初の国内リーグ通算1万得点を達成した。

 コート内外を問わず、最も大きなインパクトを与えた選手には田渡凌(横浜)が選出された。田渡は人気リアリティー番組「テラスハウス」に出演。ツイッターで披露したエアロビクスの動画も大きな反響を呼んだ。

 表彰式は10日まで3日間実施される。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ