4月米失業率、最悪の14・7%

 【ワシントン共同】米労働省が8日発表した4月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、新型コロナウイルスの感染拡大による人員削減が響き、失業率は14・7%だった。3月の4・4%から急上昇し、比較可能な統計を取り始めた1948年以降、最悪となった。リーマン・ショック後の2009年10月の10・0%や、第2次オイルショックの影響を受けた1982年12月の10・8%を大幅に上回り、急速な悪化が浮き彫りとなった。

 感染が広がった3月以降、外出制限による店舗休業や工場の操業停止で失業者が急増した。景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数も前月から2050万人減少した。

PR

PR