感染拡大「中国の故意ではない」

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は8日、FOXニュースの番組で、新型コロナウイルスの中国から世界への感染拡大について「中国が故意に起こしたとは思わない」と語った。厳しい対中非難を繰り返してきたが、米中高官が米東部時間7日に貿易協議の「第1段階」合意の全面的履行で一致したのを受け、11月の大統領選をにらみ、トーンを弱めた可能性がある。

 トランプ氏は新型コロナが中国湖北省武漢の研究所から流出したとの説に自信があるとしてきたが、8日は言及しなかった。ポンペオ国務長官は8日のラジオ番組で、研究所の問題を米国として判断するのは棚上げしても良いとの考えを示した。

関連記事

PR

PR