西村氏、連休後の人出増に懸念

 西村康稔経済再生担当相は9日の記者会見で、新型コロナウイルスへの重点的な対策が必要な13の特定警戒都道府県で、大型連休明けの平日に繁華街の人出が増加していると懸念を示した。連休前の平日は感染拡大前と比べて人出が8~9割減っていたが、連休後は6~7割減にとどまったという。「若干の緩みが生じている可能性がある。これまでの努力を水の泡にしないよう、(外出自粛の)継続をお願いしたい」と改めて呼び掛けた。

 政府は全国を対象に緊急事態宣言を発出しており、その解除に向けた基準作りを進めている。13都道府県も解除の対象になり得るとしているが、措置が長期化する恐れもある。

PR

PR