銀行が住宅ローン返済支援

共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大による収入減で住宅ローン返済が困難になった人を支援しようと、銀行などが返済期間を延長して月々の返済額を減らしたり、手数料なしで融資の条件変更に応じたりする取り組みを始めた。緊急事態宣言の延長で収入減が深刻化する恐れもある。住宅ローンは家計の支出に占める割合が大きいだけに、銀行などには利用者への一段の目配りが求められそうだ。

 長期固定金利の住宅ローン「フラット35」を提供する住宅金融支援機構は、感染拡大の影響で収入が減った人などに対し、一定の基準を満たせば毎月の返済額を減らして返済期間を最長15年延長できるようにした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ