日本海側中心に広い範囲で大雪 冬型強まる

 気象庁は28日、強い冬型の気圧配置の影響で、29日にかけて日本海側を中心に広い範囲で大雪になるところがあるとして、交通の混乱などに警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、オホーツク海の低気圧が発達しながら北へ進み、29日にかけて日本付近の上空に寒気が流れ込むため、日本列島の日本海側や山沿いで雪が降り続く見込み。

 29日午後6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、東北と北陸、東海、近畿で50センチ、関東40センチ、中国30センチ、山口県と九州北部20センチとなっている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ