りそな銀、行員が定年の年齢選択

 りそな銀行と埼玉りそな銀行が、現在60歳としている定年を、65歳までの間で従業員自らが選べる制度を導入することが11日、分かった。大手銀行で定年を延長する動きはあるが、両行によると定年を自ら選べる仕組みは初めてだという。

 意欲と能力がある従業員が働く環境を整えるのが狙い。現在は60歳で定年を迎えると希望者は再雇用され、最長70歳まで働ける形態となっている。制度変更により、60歳に達した後の手取り額が増える見込みだ。

 労働組合に変更を提案した上で、2021年4月から開始する予定。対象となる両行の従業員は計約2万人となる。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR