ヤリスが初の登録車首位

共同通信

 4月の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車が2月に発売した小型車「ヤリス」が1万119台で、軽自動車を除く自動車(登録車)で初の首位となった。軽を含む全体では2位だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日発表した。

 4月の新車販売は、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や生産拠点の一時停止が影響し、全体的に大きく落ち込んだ。一方で、ヤリスと同じく2月にホンダが新型を発売した小型車「フィット」は、前年同月比32・5%増と好調で、全体で3位に入るなど新車効果も見られた。

 全体の1位はホンダの軽「N―BOX」で27・6%減だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ