三越伊勢丹、2年ぶり赤字

共同通信

 三越伊勢丹ホールディングスが11日発表した2020年3月期連結決算は、純損益が111億円の赤字(前期は134億円の黒字)となった。赤字は2年ぶり。新型コロナウイルスの感染防止策として3月から営業時間を短縮したことなどが響いた。新型コロナの影響が見通せないため、21年3月期の業績予想は未定とした。

 20年3月期の売上高は前期比6・5%減の1兆1191億円だった。訪日外国人客が2月初旬ごろから減り、国内客も週末の外出自粛要請などで特に3月から大きく落ち込んだ。

 首都圏6店舗が4月8日から全面休業した影響などから、足元の売上高は前年の9割減の水準となっている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ