29日まで雪警戒 九州各地、30日以降寒さ緩む

 強い冬型の気圧配置の影響で九州地方は28日、冷え込みが厳しくなり、福岡市や佐賀市など各地の平野部で雪が舞った。福岡管区気象台は29日昼すぎまで、九州北部の山沿いを中心に大雪の恐れがあるとして、積雪や路面凍結などに注意を呼び掛けた。30日から正月三が日にかけては、寒さは少し緩む見通し。雲が広がりやすい天気だが、時々晴れ間ものぞくという。

 気象台によると、29日夕までの24時間予想降雪量は多い所で、福岡県の山地で10センチ、佐賀、長崎、熊本各県の山地で5センチ、鹿児島県薩摩地方の山地で3センチ。平地でも断続的に雪が降り、積もる所があるという。

=2013/12/29付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ