抗体・抗原検査の導入、都が検討

共同通信

 東京都の小池百合子知事は11日、新型コロナウイルスへの感染の有無を短時間で調べることができる「抗体検査」と「抗原検査」の導入に向け、都として検討を進める考えを示した。政府の新型コロナ対策を担当する西村康稔経済再生担当相と都内で会談後、報道陣の取材に答えた。

 抗体検査は感染から一定期間たった後に体内にできる抗体を血液から探し、抗原検査はウイルスに特有のタンパク質(抗原)にくっつく物質を使って患者の検体中にウイルスがいるかどうかを調べる手法。

 小池氏は「PCR検査だけでなく、それぞれの特徴を生かした検査を進めたい」と説明。国に支援を要望したと明らかにした。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ