トヨタ、営業益予想79%減

共同通信

 トヨタ自動車が12日発表した2021年3月期の連結業績予想は、営業利益が前期比79・5%減の5千億円と、大幅減益を見込んだ。売上高予想は19・8%減の24兆円とした。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な需要低迷が打撃となる。一方、純利益は感染拡大の影響が見通せないとして、未定とした。

 同時に発表した20年3月期連結決算は、売上高が前期比1・0%減の29兆9299億円となり、3年ぶりの減収となった。純利益は10・3%増の2兆761億円で、2年ぶりに増加した。本業のもうけを示す営業利益は1・0%減の2兆4428億円だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ