オードリー春日が鬼役に

 なかなか言うことを聞かない子どもに“鬼”から電話がかかってくるという設定のスマートフォン用子育て支援アプリ「鬼から電話」に、お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さんが鬼役でゲスト出演している。7月末までの期間限定。

 鬼から電話は、IT企業「メディアアクティブ」(東京都大田区)が開発し、シリーズ累計で約2千万件ダウンロードされた人気アプリ。

 今年2月、ラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」で春日さんが鬼の物まねをしたところ、コラボを希望するメッセージがリスナーから同社に相次いだ。春日さん側は出演依頼に「オファーの経緯が面白い」と快諾したという。

 春日さんが演じる鬼の名前は、自身のギャグにちなんだ「おにがわら」。「言うことを聞かないとき」のほか、子育ての悩みの定番である「寝ないとき」「歯磨きをしないとき」といったシチュエーションごとに、どすの利いた声で叱ったり、諭したりする。

 春日さんは「普段、春日の中に眠らせている鬼の部分を解き放ち、鬼短い時間で鬼収録。春日の『鬼電』を聞かないと、辛~い辛い鍋に入れて食べちゃうぞ~」とアピール。同社の佐々木孝樹社長も「休園や休校で、親子ともにストレスがたまってしまう。そんなときこそ春日さんからの電話で明るい笑顔になってほしい」と話している。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR