武漢の全市民にPCR検査へ

共同通信

 【北京共同】中国メディアによると湖北省武漢市当局は12日までに、全ての市民に新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を実施する方針を決めた。最近市内で計6人の集団感染が起き、再流行への懸念を強めたとみられる。同市の人口は約1100万人。

 市当局は11日、区ごとに10日間で全員の検査を実施するよう指示。無症状感染者が多数いる恐れが指摘されており、4月8日に都市の封鎖を解いた際にも全員を検査するべきではないかとの声が上がっていた。

 新華社電によると、武漢市東西湖区の同一の居住エリア内で6人の発症者が確認された。うち5人は当初、無症状感染者だった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ