大阪府、感染者発生を一斉通知へ

 大阪府は12日、不特定多数の人が訪れるイベント会場や店舗で、利用者の中から新型コロナウイルス感染者が発生した際、その場にいた人に一斉メールで注意喚起する「コロナ追跡システム」を導入すると発表した。休業要請の解除に向けた準備の一環で、5月中にスタートさせる。

 会場や店舗に府が発行するQRコードを掲示してもらい、利用者にはスマートフォンで読み取ってメールアドレスを登録するよう促す。後日、感染者がいたことが分かれば登録アドレスに一斉通知し、体調が悪いなど、感染が疑われる人には自治体の相談センターに連絡するよう呼び掛ける。

関連記事

PR

PR