新型コロナの抗原検査キット承認

 厚生労働省は13日、新型コロナウイルスの抗原検査簡易キットを承認した。PCR検査よりも精度が低いが、鼻の奥の粘液などに含まれるウイルスを15~30分で検出できるため医療現場での判定も可能。中央社会保険医療協議会が公的医療保険の適用を決める。厚労省は抗原検査に伴う医療機関の診療報酬を6千円とし、医師が感染を疑った場合は患者の自己負担をなしとする方針を固めた。

 日付が13日に変わったことで自動的に承認された。検査の迅速化や件数増加などの態勢拡充につながる。また治療薬として特例承認され、重症患者に投与される「レムデシビル」の医療機関向け配布は11日に始まった。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR