アフガン、病院襲撃で13人死亡

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブール西部で12日、武装集団が、国際医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」が支援する病院を襲撃し、内務省によると新生児を含む少なくとも13人が死亡、15人がけがをした。東部ナンガルハル州では同日、葬儀中に自爆とみられる爆発が起き、州報道官によると少なくとも24人が死亡、68人が負傷した。

 いずれも犯行声明は確認されていないが、反政府武装勢力タリバンはツイッターで犯行を否定した。

 カブールの病院は同国で少数派のイスラム教シーア派を信仰するハザラ人が多く住む地区にある。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR