ロシア、「仕事モード」に転換

 【モスクワ共同】ロシアでは12日、新型コロナウイルス大流行を受けて全土で続けてきた「非労働日」期間が11日に終了したことを受け、社会・経済活動を段階的に再開させる「仕事モード」への転換が始まった。ロシアの感染者は23万人を超え、米国に次ぐ世界2位。感染拡大が今も続いており、規制緩和に懸念の声も出ている。

 約1カ月半にわたり自宅から番組を進行していた国営テレビ・ニュースチャンネルのキャスター陣は12日、スタジオからの放送を一部再開した。国営テレビによると、キャスターらは検査で陰性を確認した上で順次スタジオに復帰するという。

関連記事

PR

PR