消費者庁長官が自宅待機

共同通信

 消費者庁の伊藤明子長官は13日のオンライン記者会見で、家族が新型コロナウイルスに感染したため、濃厚接触者として12日から2週間の自宅待機をしていると明らかにした。同庁によると、中央省庁の事務方トップとしては初。職員に感染者はいないという。

 伊藤長官に発熱などの症状はなく、PCR検査を受ける予定はない。

 同庁によると11日、伊藤長官は家族が感染したとの連絡を受け、全職員にメールで事情を説明した。自宅待機中の会見などの公務はオンラインで行い、執務室や公用車の消毒をするという。

 伊藤長官は「支障がないように職員と連携してやっていきたい」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ