独、飲食店など営業再開が本格化

 【ベルリン共同】ドイツで新型コロナウイルスの流行下に休業していた飲食店などの営業再開が本格化してきた。新規感染者は4月前半の5分の1となり、衛生当局者は12日、警戒継続を訴えながらも感染の危険は1カ月前より「明らかに低くなった」と指摘した。

 政府は6日、全店舗の営業再開など大規模な規制緩和を発表した。スーパーや小中規模店は開いていたが、大型店やホテルなど多くの施設も再開する。

 飲食店は持ち帰りのみ対応していたが、従業員のマスク着用やテーブルの間隔を空けるなどの対策を取った上で営業再開が認められた。既に複数の州でオープン、首都ベルリンでも今週以降開店する。

関連記事

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR