楽天、1~3月期赤字353億円

 楽天が13日発表した2020年1~3月期連結決算は純損益が353億円の赤字(前年同期は1049億円の黒字)となった。赤字幅は同期として過去最大。新型コロナウイルス感染症が拡大する中でインターネット通販事業が堅調だったが、携帯電話事業への本格参入に向けた投資が負担となった。

 前年同期に米配車大手リフトへの投資で大幅な利益を計上していた反動もあった。携帯事業は全国に基地局を建設する費用がかさんだ。4月に本格サービスを始めたが、ネット中継を通じた決算会見で三木谷浩史会長兼社長は「契約者数は想定通りだ」と述べた。

PR

PR