エーザイがコロナ臨床試験

 エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は13日の決算記者会見で、2011年に試験を中止した重症敗血症治療薬「エリトラン」が新型コロナウイルス感染症に効果があるかどうか臨床試験を実施すると明らかにした。「早ければ6月に開始し、順調なら年末ごろ結果が判明する」とした。

 対象は入院している重症患者で、コロナ治療薬開発の国際ネットワークに参画し試験を進める。エリトランは11年当時、目標の基準に達しなかったとして試験を中止した。過剰な免疫反応「サイトカインストーム」を抑える作用があるという。

関連記事

PR

PR