NY株続落、516ドル安

共同通信

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比516・81ドル安の2万3247・97ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が13日の講演で、新型コロナウイルス感染症がもたらす米景気の「大きな下振れリスク」に懸念を示したことで、売りが優勢となった。

 パウエル氏は景気低迷の長期化を警戒し、追加的な金融緩和策の必要性に言及した。一方で、トランプ米大統領が求めるマイナス金利の導入には否定的な姿勢を示した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は139・38ポイント安の8863・17だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ