第2波で世界成長率4・9%減も

 【ニューヨーク共同】国連経済社会局は13日、新型コロナウイルスの感染第2波が年内に到来した場合、2020年の世界経済の実質成長率は前年比マイナス4・9%になる恐れがあるとの見通しを明らかにした。先進国で21年初頭までロックダウン(都市封鎖)や経済活動制限が続く事態を想定している。

 会見したハリス事務次長補は「経済活動の大規模な制限と先行きの不透明感で、今年第2四半期の世界経済は事実上の休止状態」と指摘した。

 4~6月期のうちに感染拡大を大幅に封じ込め、大半の国が経済活動を徐々に再開させた場合でも、20年の成長率は前年比マイナス3・2%になると予測した。

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR