大阪市議会、委員会オンライン化

共同通信

 大阪市議会は14日の本会議で、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、委員会のオンライン化を実施するため会議規則を改正する議案を全会一致で可決した。遠隔参加と通常出席とを併用する方向で、採決方法など具体的な運営方法は今後定める。総務省がオンライン化は可能と4月に通知しており、全国に先駆けた動きとなった。

 改正規則では委員会の特例として、感染防止で参集が難しい場合、オンラインを活用して開催できると規定。議員が申請し委員長の許可が得られれば、出席と認める。

 オンラインで参加する議員を委員会室のモニターに映し出す形式となる見込みだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ