検察定年、採決は来週以降先送り

共同通信

 衆院内閣委員会は15日、検察官定年延長を含む国家公務員法改正案の審議を行った。与党は質疑後の理事会で採決を提案。立憲民主党など4野党は拒否し、公務員制度を所管する武田良太行政改革担当相の不信任決議案を衆院に提出した。改正案の15日採決はできず、来週以降に先送りされた。森雅子法相は、内閣や法相が認めた場合に検事総長ら幹部がポストに残る特例の要件について「現時点で具体的に全て示すのは困難だ」と述べ明示できなかった。

 不信任案は19日の衆院本会議で、与党などの反対多数で否決される見通し。改正案の内閣委採決は20日以降となる。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ