モーグルの原が競輪プロデビュー

共同通信

 2018年平昌冬季五輪のフリースタイルスキー男子モーグルで日本選手初の銅メダルに輝き、昨年5月から競輪に挑戦している原大智(宮城)が15日、広島市の広島競輪場で行われた新人戦でプロデビューし、予選初日の2レース目で7選手中の3着に入った。

 2車番の原は最終周で後団につけ、残り半周を切った辺りで外側から追い上げ、最後の直線で3番手まで順位を上げた。

 原は昨年3月の全日本選手権を最後にモーグルを休養し、日本競輪選手養成所の特別選抜試験に合格。5月に入所して鍛錬を重ね、今年3月に卒業した。モーグルでも22年北京五輪出場を目指している。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ