Society5.0時代に向けた教職員向けオンライン研修会を2週連続で緊急開催。宮崎県新富町の地域商社が宮崎県教育委員会と連携、イノベーションを加速

PR TIMES 一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構

~宮崎県教育委員会オンライン土曜講座にこゆ財団・中山 隆が登壇しオンライン活用方法をレクチャー~
一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、2020年5月16日(土)に宮崎県教育委員会が主催する「オンライン土曜講座」に、こゆ財団 教育イノベーション推進専門官の中山隆を派遣し、学校教員向けのオンライン研修を緊急開催します。 2020年5月9日(土)にこゆ財団が緊急開催した「あすの宮崎の教育のためのオンライン研修会」(講師 兼 ファシリテーター:中山 隆)に100名を超える県内教職員の参加があり、大きな反響が生まれました。こゆ財団はこの反響をさらに大きなうねりに変え、Society5.0時代に向けた学校教育のイノベーションを推進していくため、宮崎県県教育委員会と連携。小中学校の教員同士がこれからのICT教育のありかたを語り合うオンライン研修会を2週連続で緊急開催することとしたものです。 こゆ財団では、Society5.0時代に向けた学校教育のあり方を宮崎県で確立し、宮崎モデルとして全国・全世界に発信していきます。

宮崎県内の教育現場から生の声が上がり、ICT教育を推進するための課題が浮かび上がったオンライン研修会の様子
■特徴:小中学校の教職員・講師を対象として、オンライン学習のメリットや課題を共有する

新型コロナウィルス感染拡大による休校措置を受け、こゆ財団が2020年5月9日(土)に開催した「あすの宮崎の教育のためのオンライン研修会」では、企画からわずか1週間での緊急開催にも関わらず、100名もの教職員(主に高等学校教職員)がネット上に集まりました。その影響を受け、わずか1週間後の5月16日(土)に、宮崎県教育委員会が県内の小中学校教職員を対象としたオンライン講座を開催します。すでに80名以上の参加が決まっており、こゆ財団の中山 隆が登壇して「オンラインコミュニケーションの活用法」について講演します。

◎中山 隆 登壇予定オンライン講座
「令和2年度宮崎県教育委員会土曜オンライン講座~オンライン学習でできること~」

・開催日時:2020年5月16日土曜日 9:00~11:30
・開催方法:宮崎県教育研修センターをキーステーションに、参加者各自の端末をオンラインで結んだ遠隔研修(オンラインコミュニケーションツールZOOMを使用)

<内容>
・講義「オンラインコミュニケーションの活用方法」(一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 教育イノベーション推進専門官 中山 隆)
・実践報告1./宮崎県立飯野高等学校 梅北瑞輝氏
・実践報告2./プラハ日本人学校 教頭 吉野裕子氏
・パネルディスカッション/進行:中山 隆、パネラー:梅北瑞輝氏、吉野裕子氏
・グループ協議
<問合せ先>一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 TEL.0983-32-1082
      E-Mail info@koyu.miyazaki.jp

【講師プロフィール】
中山 隆(なかやま りゅう)
こゆ財団 教育イノベーション推進専門官

ICT機器を活用した遠隔授業、遠隔研修の企画と実践を、小学校・中学校・高校など学校種を問わず行っている。2020年4月より現職。「新しい教育」を創るために活動中。宮崎県生まれ。

2020年5月9日、「あすの宮崎の教育のためのオンライン研修会」を開催中の中山
■背景:新型コロナウィルスによる非常事態が加速させた、学校現場におけるICT教育の重要性

宮崎県は2020年5月14日、緊急事態宣言が解除となりました。しかし、この度の新型コロナウィルスの影響でオフラインの学びの場が制限され、オンラインによるICT教育が活用できる学校教育は今後必須となる認識が加速度的に広がっています。
こゆ財団では、2020年5月9日に緊急開催したオンライン研修が想定以上に波及している状況を受け、引き続きSociety5.0時代の学校教育モデルを宮崎県から発信していきたい考えです。
■今後の展望:Society5.0時代の学校教育モデルを宮崎県から全国へ発信

こゆ財団では、今宮崎県の教育現場で起きているオンライン活用への流れとともに、未来を担う子どもたちのため、これからの学校教育におけるイノベーションをさらに推進していきたいと考えます。
前回、そしてこの度の教職員向けオンライン研修会を今後につなげる足がけとして、オンライン活用の可能性を教育現場とともに模索しながら地域へ貢献していきます。

<一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)>

2017年4月に、持続可能な地域の実現を目指して宮崎県新富町が設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円のライチに代表される農産物のブランディングを通じて『特産品販売』を行い、得られた利益で『人財育成』に投資しています。ふるさと納税運営業務では、2017年から2019年までの2年間で4億円から19億円まで伸ばすことに成功しました。

*メディア掲載事例
日経新聞/日経MJ/Forbes JAPAN/月刊事業構想/月刊ソトコト/TURNS/日本農業新聞/全国農業新聞 ほか
▶︎こゆ財団ウェブサイト https://koyu.miyazaki.jp
▶︎こゆ財団Facebookページ https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎新富町ふるさと納税ページ(ふるさとチョイス)https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
▶︎新富町ふるさと納税ページ(楽天)https://www.rakuten.ne.jp/gold/f454028-shintomi/
▶︎新富町ふるさと納税ページ(ふるなび)https://furunavi.jp/Municipal/Product/Search?municipalid=1647&order=1&search=0&fbclid=IwAR085yk3XwJ0TuuhxFA_7bimT5vT2fErDvz5A3Mh0DmIlRHhcuAmlsTvVnI
▶︎新富町ふるさと納税ページ(さとふる)https://www.satofull.jp/town-shintomi-miyazaki/
▶︎新富町観光情報サイト https://koyu.media/
▶︎スマート農業推進協会 https://smart-agri.co/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ