検察定年「納得まで議論必要」

共同通信

 野党各党は15日、検察官の定年延長を含む国家公務員法改正案に関し「国民が納得するまでエンドレスに議論した方が良い」(立憲民主党の安住淳国対委員長)と徹底した審議を求めた。検察人事への介入を許す恐れがあるとして、内閣や法相の判断で幹部がポストに残る特例規定などを削除するよう重ねて求めた。

 枝野幸男代表はツイッターで、武田良太行政改革担当相への不信任決議案提出に関し「火事場泥棒的な採決強行に抵抗するには、唯一最強のやむを得ない手段だ」と説明した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は、特例の要件について「根っこから削除すべきだ」と記者団に語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ