NY株一時200ドル超安

共同通信

 【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日からの下げ幅が一時200ドルを超えた。新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、4月の米小売売上高と米鉱工業生産指数が2カ月連続で記録的な悪化となったことが嫌気され、売りが先行した。

 午前10時現在は前日比58・27ドル安の2万3567・07ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は68・71ポイント安の8875・01。

 トランプ米政権が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁強化を打ち出し、米中貿易摩擦の再燃に対する懸念も強まった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ