NY金、1カ月ぶり高値

 【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク商品取引所の金先物相場は4日続伸し、取引の中心となる6月渡しが前日比15・40ドル高の1オンス=1756・30ドルで取引を終えた。4月中旬以来、約1カ月ぶりの高値水準となった。

 米中貿易摩擦の再燃に対する懸念に加え、4月の米小売売上高や鉱工業生産指数が記録的な落ち込みとなったことも材料視され、比較的安全な資産とされる金を買う動きが広がった。

PR

PR