公明の山口代表のツイートに批判

共同通信

 検察官の定年延長を可能にする国家公務員法改正案を巡り、公明党の山口那津男代表によるツイッターへの投稿が波紋を広げている。政府に説明責任を果たすよう求める内容に「人ごとだ」と批判のコメントが続出。現金10万円の一律給付と同様、安倍晋三首相に翻意を促す役割を期待する声も多いが、党内の機運は高まらない。

 山口氏の投稿は12日。「検察官の定年延長を含む検察庁法改正案の趣旨が国民に伝わるよう、政府として丁寧に説明していただきたい」とするツイートに対し、16日夕までに4千件弱のコメントが寄せられている。通常は数十件程度で、異例の盛り上がりぶりだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ