コロナサイト、高校生が作成

共同通信

 身近な地域の新型コロナウイルス感染状況はどうなっているの―。こんな不安に応えるため、各自治体はホームページに趣向を凝らしているが、滋賀県の「最新感染動向」というサイトを作成したのは、同県守山市にある立命館守山高3年の伊藤祐聖さん(17)=同県栗東市=だ。「休校続きの中で学生にチャンスを」といった特別枠ではなく、実力で選ばれた。

 依頼を受けたのは3月中旬。東京都が新型コロナ関連の情報サイトを作成したことを受け、滋賀県でも同様のものを作ろうと、県内のIT事業者に相談したところ、昨夏に県内の情報通信技術コンテストで最優秀賞を受賞した伊藤さんに白羽の矢が立った。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ