大阪で新たな感染者ゼロ

共同通信

 大阪府は17日、府内で新型コロナウイルス感染が新たに確認された人はいなかったと明らかにした。大阪府で感染者がゼロだったのは3月9日以来、69日ぶり。感染疑いの人に実施したPCR検査は310件だった。

 府は16日から新型コロナ特措法に基づく休業要請を部分的に解除。15日から独自基準「大阪モデル」を感染の再拡大を警戒する形で運用している。

 直近7日間の平均値で(1)感染経路不明者が前週より1人以上増加(2)経路不明者が5人以上(3)検査で陽性になった人の割合が7%以上―とならないか監視しており、17日は(1)0・24人(2)1人(3)0・8%と全て下回った。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ