宣言解除地域の一部で学校再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止を巡る政府の緊急事態宣言が解除された地域の一部では18日、学校が再開した。「授業が楽しみ」「友達と遊びたい」。マスク姿で登校した生徒らは友達との久しぶりの再会に笑顔を見せ、教師らは感染防止の対策に力を込めた。

 同日午前から分散登校が始まった北九州市の市立あやめが丘小では、学級ごとに半数の児童が登校。担任教諭は「熱がある人、気分が悪い人は言ってください」と呼び掛けた。

 山形市立第四小でも授業が再開し、1年生の男児は「全部の授業が楽しみ」と笑顔。日高伸哉校長は、「机の間隔を1m程度空けるなど、万全の対策をとりたい」と話した。

PR

PR