総合フードデリバリーのデリズ 11年連続ミシュラン星獲得シェフ「唐渡泰 氏」監修スープブランドを期間限定で提供開始

PR TIMES 株式会社デリズ

株式会社小僧寿し(東証JQ9973)の100%子会社である株式会社デリズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:小林 剛)は、2020年3月24日(火)より大阪のフレンチレストランの名店「リュミエール」のオーナーシェフ「唐渡泰 氏」監修のスープ専門コラボブランドをデリズ自社WEBサイト、また人気の出前サービス「出前館」等でご提供を開始致しましたのでご報告致します。


シェフ唐渡について
数々の名店、ホテルで修業後2006年大阪・心斎橋に「フレンチレストラン リュミエール」を開業。
1年目に「ザガットサーベイ」でトップランキングを獲得。シェフとして第一線で“野菜の美食”をテーマに自身の料理を追求しながら、レストラン経営、飲食事業のプロデュース、フランス老舗紅茶「ダマンフレール」の輸入を行う。リュミエールグループ代表として、現在8店舗(レストラン4店舗、ティーサロン2店舗、カフェ1店舗、ブーランジェリー1店舗)を展開。食育や地域の食文化振興、各料理コンクールの審査員、国内外での美食会・コラボレーションイベントに参画する。
リュミエールでは「ミシュランガイド」11年連続星を獲得。

著書「野菜の美食」
https://amzn.to/3buzkA8
■フレンチレストラン リュミエール
大阪市中央区東心斎橋1丁目19番地15号UNAGIDANI-BLOCK 3F
(URL) http://www.k-coeur.com/
(予約フォーム) http://k-coeur.com/reservations/
シェフ唐渡監修のスープ専門コラボブランドについて



「野菜の美食」をコンセプトにしたリュミエール「シェフ唐渡」の無添加、栄養満点で健康的なブルーテ。塩も素材の味を活かす自然海水塩を使用しています。とても濃厚なスープで食べ応えもありますので是非一度お試し下さい。

シェフ唐渡監修のスープ専門コラボブランドメニュー一例

【リュミエール監修商品】かぼちゃスープ



野菜のうま味、甘味を十分に引き出し、野菜本来の美味しさを感じて頂けるスープです。
“野菜の美食”をコンセプトにしたリュミエール‟シェフ唐渡“の、無添加、栄養満点で健康的なブルーテ。



(詳細URL)https://www.delis.co.jp/products/detail/1138
【リュミエール監修商品】にんじんスープ
人参をふんだんに使用し、チキンブイヨンで旨味を引き立て、北海道産生クリームでコクを出した、バランスの良いスープです。






(詳細URL)https://www.delis.co.jp/products/detail/1139

【リュミエール監修商品】赤パプリカスープ



たっぷりのパプリカを使用、北海道産生クリームで、まろやかに仕上げております。スープのとろみは、じゃがいもでつけるなど、化学調味料不使用です。


(詳細URL) https://www.delis.co.jp/products/detail/1140
【リュミエール監修商品】野菜たっぷりスープ



玉葱、キャベツ、蓮根 3種の野菜をたっぷり使用し、ベーコンの旨みが少し効いたチキンブイヨンベースのあっさりとしたスープです。


(詳細URL) https://www.delis.co.jp/products/detail/1141
その他にもお食事としてスープとの相性が良い数種類のベーグルもご用意させて頂いております。


デリズについて


デリズWEBサイト
https://www.delis.co.jp/

現在「デリズWEBサイト」では、デリバリー業界では初のカードレス後払い決済「atone」や「Paidy翌月払い」、Amazon Pay・PayPay・楽天ペイ、メルペイスマート払いを導入する等、これまでの出前・フードデリバリーサービスには無い利便性とお得さでご愛顧頂いております。

■今後の展開
「デリバリーを通して世の中を元気、笑顔、幸せ溢れる社会にする」というコーポレートビジョンを実現するため、デリズはお客様によりご利用頂きやすいサービスを提供できるよう、今後も有名シェフとのコラボレーション企画、新メニュー・新規決済サービスの導入および新機能の追加等を積極的に取り組んで参ります。

■株式会社デリズ(会社概要)
商号   : 株式会社デリズ
代表者  : 代表取締役 小林 剛
所在地  : 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-17 第6岡部ビル3F
事業内容 : 総合デリバリー事業、配達代行事業
資本金  : 82,035千円
URL   : http://corp.delis.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ