検察庁法廃案へ「もっと声を」

共同通信

 政府の判断で検察首脳らの定年延長を可能とする検察庁法改正案の今国会成立を見送るべきだとする声が政府、与党内で出始め、インターネット上では18日、廃案に向け、さらに機運を盛り上げようと呼び掛ける投稿が相次いだ。

 見送り案の浮上がニュースで伝えられた18日午前、「世論が政治を動かした」「ようやくここまできた」「廃案に追い込もう」「もっと声を上げよう」などの投稿がネット上に殺到。黒川弘務東京高検検事長の辞任を求める意見も多くみられた。

 「まだ気は抜けない」「様子見しよう」とする声も。検察OBの郷原信郎弁護士は、警戒を続けるべきだと指摘した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ