首相、擁立見送り「やむを得ず」

共同通信

 安倍晋三首相(自民党総裁)は18日、同党の下村博文選対委員長と官邸で会い、任期満了に伴う東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)で独自候補擁立を見送る党方針を了承した。政府、与党と都が連携して新型コロナウイルス感染対策に当たっている現状を踏まえ「やむを得ない」と述べた。

 党は、再選出馬が確実視される現職の小池百合子知事の意向を確認し、月内にも推薦するかどうかを含め具体的な支援の在り方を決める。

 対抗馬擁立を模索してきた党都連は18日、役員会を開き、週内にも、党本部から独自候補擁立見送りの経緯と、選挙戦への対応について説明を受けることを確認した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ