2020年秋に「Afterコロナ時代」を見据えた「ソーシャル・ディスタンス・オフィス」を、宮崎発サイバーセキュリティ企業・株式会社クラフが開設。

PR TIMES 株式会社クラフ

- 2020年秋に向けて、増員募集・リモート面接の受付を開始 -
宮崎発のサイバーセキュリティ企業・株式会社クラフ(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役:藤崎 将嗣、以下クラフ)は、2020年秋にJR宮崎駅西口に開業予定のJR宮交ツインビル(最上階全て)への移転と、「Afterコロナ時代」を見据えた「ソーシャル・ディスタンス・オフィス」を開設することを決定しましたのでお知らせ致します。


背景
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、多くの企業が職場での感染対策やテレワークの導入など、従来の働き方から変化が求められ、企業運営やマネジメントのあり方も大きく変わりつつあります。

クラフの理念
「安心」を提供する会社で在り続ける。安心を提供し続けることで社会から価値として認められ、関わるすべての皆さまが、ずっとながく心おだやかに暮らしていける世界を創ることを理念としています。

Afterコロナ時代のオフィスコンセプト
理念の実現と、従業員の安全確保を両立し、従業員・企業共に、一段階二段階へと高いステージに立つべく、「Safe × Growth × Flex - 安心・安全をベースに、成長、そして柔軟性を 」をオフィスコンセプトとして掲げ、「Afterコロナ時代」の新しい企業のあり方の創造に、積極的に取り組みます。

#本件は社会情勢の変化に、柔軟に適応していきます。また、パースは検討中のため、実際とは異なる場合があります。
#本件は図面が確定した時、オフィスが完成した時など、随時情報をアップデートし、公開することを予定しています。


Safe × Growth × Flex - 安全・安全をベースに、成長、そして柔軟性を -

— オフィス検討時のメモ —





Safe-安心・安全
感染リスクが高まった非常時には、従業員のソーシャルディスタンスを保つ事が可能なオフィスに変更できる仕様に、あらかじめ設計します。

感染リスクに有効とされるフォーカスブース型のデスクを導入します。
1デスク空けて利用すれば、隣席と180cmとなる距離を確保します。
距離を視覚化するためのカーペットによるゾーニングを行います。
入室→業務→退出を一方通行で可能にするレイアウトとします。




Growth-成長
未経験でも3カ月で効率的に戦力化するために、研修ルームを常設します。



Flex-柔軟
社会情勢や個人の状況に応じて、リモート/オフィスワークの選択を柔軟に。リモートメンバーの止り木的な場としてのラウンジを常設します。
デザイン会社の紹介
株式会社フロンティアコンサルティング
「いいオフィスを通じて、世界中にもっといい未来をふやす」をミッションとして多様な企業の”はたらく場"をデザインするオフィスコンサルティングファームです。
ウェブサイト:https://www.frontierconsul.net/
運営メディア:https://www.workersresort.com/jp/

ウィズコロナにおいて、多くの企業がリモートで働く場の選択肢が広がったことで、アフターコロナ時代には、より働くことの本質が問われていきます。
オフィスでないと出来ないことと、リモートでも出来ることを使い分けることで、ワークスペース内の人員を調整し、ソーシャルディスタンスを確保できることを予め想定することにより、社員の安全・安心を確保します。
同時に、オフィスでないとできないことの最たるものであるコミュニケーションやエンゲージメント、成長・育成をサポートする機能の補完を目的に、ラウンジエリア・研修ルームを整備します。
アフターコロナ時代の柔軟な働き方に適応する、新たなオフィススタンダードを、クラフ様と共に検討していきます。

クラフ代表 藤崎のコメント
新型コロナウィルス感染拡大に伴い、従業員、お客様、ほか関わるすべての皆様の安心と安全を第一に今回コンセプト案の発表とさせていただきました。
新しい働き方のスタートをこの宮崎から、新しく明るい社会へ向けた一歩を企業として踏み出すことから、宮崎のみならず、日本社会全体への寄与貢献のために、一層精進して参ります。

クラフについて
かわりゆくITへ、かわらない安心と繁栄を。
WEBアプリケーションのセキュリティ(脆弱性)診断・検査をおこなう、情報セキュリティ企業です。
社 名:株式会社クラフ(https://kraf.jp/
設 立:2017年11月
資本金:30百万円(資本準備金含む)
グループ会社:株式会社SHIFT(東証一部上場)、株式会社SHIFT SECURITY他

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ